避難安全検証による効果の確認

避難安全検証法を用いると建設コスト削減だけでなく、建物全体で色々な改善が行えます。
九門宏至建築事務所では、みなさまのご要望の実現の可否を迅速に判断し問題点の改善を提案します。

避難安全検証による効果の確認

効果 内容
コストダウン
  • 排煙設備の低減・中止(排煙装置・防煙垂壁)
  • 物販販売店の階段幅員の低減
  • 物販販売店の屋外への出口幅の低減
  • 内装制限の適用除外
  • 排煙ダクトをなくすことによる建物階高の低減
  • 異種用途区画、竪穴区画の中止
事業性
  • 物品販売店の階段幅員低減による売場面積の増大
  • 排煙設備をなくすことによるメンテナンスコストの低減
  • 階段レイアウトの自由度UPによる店舗レイアウトの自由度向上
  • 排煙装置等の工事をなくすことで工期短縮が見込まれ、着工から建物使用開始までの時間が短縮
計画・デザイン
  • 直通階段配置の自由度向上
  • 内装材選択の自由度向上
  • 防煙区画の拡大によるデザイン性の向上
  • 自然排煙設備低減による外観デザインの向上
  • 竪穴区画中止による吹抜デザインの向上

避難安全検証により、上記のような効果を得ることができます。
その中でもコストダウンについては効果が高く、他のコストダウンの方法と比較してもデメリットが少ないため、避難安全検証を活用した設計が有利です。

※こちらもぜひご一読ください「基本設計プランを見直して建築コスト削減」

書籍のご案内

避難安全検証法の解説書
九門宏至建築事務所代表取締役 九門宏至著
「避難安全検証法 設計実務ハンドブック--性能設計で変わる建築設計の実務」
現在、一般書店では購入困難な状況です。
ご希望の方はぜひこちらからお問い合わせください。
書籍の内容についてのご意見、お問い合わせ、講習会のご依頼など、ご連絡お待ちしています。

※書籍の内容に関して(誤植等)よくあるご質問はこちら

避難安全検証法の解説書

面倒な計算作業は九門宏至建築事務所におまかせ!
ご相談、ご連絡お待ちしております。

ページ上部へ