告示の解釈・考え方

吹抜の底部が火災室となる建物に全館避難安全検証法を採用したい

大型ショッピングセンター建設計画に全館避難安全検証法を採用したいと考えています。1階のイベントスペースから上は大きな吹抜になる予定ですが、これでは全館煙降下時間は0分となってしまい困っています。
告示1442号では、全館煙降下時間は竪穴に煙が流入した時点なのでそうなってしまいます。このままでは全館避難安全検証法は採用できません。少し無理のある解釈ですが、吹抜空間全体を、複数階に渡る天井の高い室として捉え、審査機関に相談されてはいかがでしょうか。相談の結果、解釈に無理があると言う判断であれば、大臣認定(ルートC)であれば検証可能です。

キーワード検索

前のページへ戻る

ページ上部へ