避難安全検証法の特異な法解釈について

『避難安全検証法を自分なりに理解し、うまく利用して確認申請を提出したつもりが、常識では理解できない指摘を受けた!』そんな経験はないでしょうか。

建築基準法の理念に照らし合わせると疑問としか感じられない指摘、指導の数々...
実際に避難安全検証法を利用すると、独特の難しさを感じられるだろうと思います。

避難安全検証法が施行されて19年。まだまだその利用は一般的になったとは言い難い状況です。法解釈が一定しておらず、審査機関によって、或いは地域によって、想定外の解釈を示されることも一因でしょう。まずは、設計者が避難安全検証法の癖を理解し、それに応じた計画を示せる能力が必要です。仕様設計の場合は、交渉能力さえあれば無理を通すことも可能でしょうが、避難安全検証法ではそうはいきません。避難安全検証法では、法律をトータルで理解して理論武装ができていないと審査機関を納得させるのは困難です。

ここでは、避難安全検証法をうまく活用して行く上で必要な知識や対策について述べていきます。また、避難安全検証法の解釈の違いで安全性能の確認方法が大きく変わり、結果として建物の基本設計までもが大きく変わってしまうことを、事例を通じて紹介します。

避難安全検証法の解釈は九門宏至建築事務所にお任せください。
全国・各審査機関の傾向分析をしています。
直接お電話にてご相談ください。

ページ上部へ