避難安全検証(大臣認定 ルートC)設計の流れと費用について

避難安全検証法(大臣認定 ルートC)のご依頼をいただく際の流れをご説明します。

費用につきまして

個別にご相談させていただきます。まず、お見積もりをご依頼ください。

避難安全検証法(大臣認定 ルートC)の設計の流れ

避難安全検証法(大臣認定 ルートC)を用いた設計は避難安全検証法( ルートB)と比較して、告示によらない検証法を用いるため、時間と手間はもちろん、かなりの知識と経験に裏付けされた高度なテクニックを必要とされます。

  • 確認申請の前に大臣認定取得が必要です。物件の規模によって、概ね4~6 ヶ月を要します。
  • 計算上法律の基準を満たすだけでは不十分です。建物全体の防災計画そのものに踏み込んだ調整が必要になります。

ルートB とルートC の違いについて

0. フリーコンサルティング(閲覧・お見積もり)

図面を拝見し、大まかに避難安全検証法が利用できるかどうかを見極めます。また、同時に避難安全検証法を用いる場合、考えられる設計上工夫の必要のある個所を、口頭もしくは手書きスケッチにてお伝えします。
実際の計算に進む場合、この時点でお見積もり、作業時間についてお伝えします。
必要図面:平面図(天井高さ等が大まかに判るもの)

1. ご契約

大まかに避難安全検証法が利用できることが確認でき、お見積りについて合意できましたら、設計のご契約をさせていただきます。

2. プレチェック(仮検証)

フリーコンサルティング時にお知らせした事項を参考に設計を進めていただき、基本計画がほぼ決定した時点で全ての計算を行い避難安全検証法上問題がないか、ある場合はその解決策をプレチェック(仮検証)として文書で提出します。
必要図面:仕上表・平面図(CADデータ)・立面図・断面図(CADデータ)・建具WH寸法
対応CADデータ形式:DWG DXF JWW SFC(左記以外のCADの場合、変換したものをご提示ください)

成果品サンプルPDFダウンロード

3. お客様での御検討

プレチェック(仮検証)の結果を踏まえて設計を進めてください。対応できない部分がある場合はご相談に応じます。プレチェック(仮検証)時点で審査機関等に事前に相談した方がよい部分がある場合、この間に相談をお願いします。尚、九門宏至建築事務所担当者が審査機関に訪問して打合せを行う場合は別途費用が必要です。

4. 性能評価書作成

プレチェック(仮検証)時の問題点が解決された最終図面に基づき、性能評価書を作成します。お客様との共同作業で進めます。お客様の作業範囲は作業開始前にお知らせします。
【注意!】作業開始後の変更ご依頼は、作業日数や費用が生じることになり、場合によっては委員会の開催日に間に合わず大きな遅れを生じる恐れがありますのでご注意ください。

5. 防災評定委員会

性能評価書の内容についての審査を受けます。お客様は、申請者・設計者として出席が必要です。九門宏至建築事務所も同席し、防災計画の内容を説明いたします。

6. 専門部会

防災評定委員会の協議で結論を導き出せなかった内容について、担当の専門委員とより綿密な議論を行います。

7. 防災評定本委員会

専門部会で議論した内容について審議されます。委員全員に説明を行い、承諾を得て、防災評定委員会は終了です。

8. 大臣認定申請

性能評価書に基づき申請書を作成、国土交通大臣に提出します。
国土交通省からの質疑があった場合は速やかに対応します。

9. ご精算

申請書類提出後、九門宏至建築事務所規定により請求書をお送りしますので、精算をお願いいたします。

10. 着工後の変更チェック対応

着工後の変更に対する相談(避難安全検証法上の問題が生じないかのチェック)をお受けします。費用は原則当初見積金額に含むものとしておりますが、変更範囲が広く作業に時間が必要な場合は、費用が発生する場合があります。費用が発生する場合は事前にお知らせいたします。

11. 大臣認定変更手続き

大臣認定の再取得には、前述の(5)~(8)と同じ手続きが必要となります。変更申請を要する規模の内容変更が生じた場合、一般的には大臣認定の再取得が必要ですが、実際には行政・審査機関によって取扱が異なり「必要無し」と判断されることもあります。まず確認審査を行った行政・審査機関にご確認の上で、必要となった場合は九門宏至建築事務所までご連絡ください。

12. 竣工検査

建築基準法の規定に従って、竣工検査を受けてください。
検査の立ち会いはご依頼があれば行います。
別途費用(出張旅費及び立ち会い費用)がかかりますので事前にご相談ください。

13. 最終精算

確認取得後に費用を伴う作業が発生した場合、精算をお願いします。

14. 竣工後の変更

竣工後、建物の増築・改築を行う場合、ご相談ください。
確認時の計算データは保管しておりますので迅速に対応可能です。
(ただし、データの保管は必ずしも保証するものではないことをご了承ください。)

九門宏至建築事務所は、みなさまのパートナーとして選ばれる専門家でありたいと考えます。
ご相談、ご連絡お待ちしております。

ページ上部へ